太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

愛知県の太陽光発電システム設置補助金

2009年11月21日(土)

今日は愛知県の話題。愛知県住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金によると、愛知県は日照時間が多いため太陽光発電に適した地域であり、住宅用太陽光発電システムの導入件数はなんと全国第一位だそうだ。

太陽光発電システム設置補助金は、県レベルでは仕組みが通常と少々異なる。「市町村との協調補助」という言い方をしており、市町村の補助の一部を県が補助する、という仕組みだ。住民が補助金を申し込むのは市町村であり県ではない。そして県の補助金が市町村の補助金に上乗せされるのではなく、住民が受け取るのは市町村の補助金額である。しかし市町村には県から定められた補助金が支給される、という仕組みだ。

この県レベルの補助金額は、市町村補助額の1/4か、1キロワット当たり5千円の安い方の金額。市町村の補助金が1キロワットあたり2万円の場合、そのうちの5千円が県の補助金、という計算だ。他県と比べると実にケチ臭い金額だ。そして補助予定件数が4,000件、というから、予算総額はたったの2千万円。億を超えている県があるのというの、大都市名古屋市を抱える愛知県がたったのこれだけとは情けない。

県のホームページ中にある愛知県内市町村の太陽光発電システム設置補助金を見ると高い順に、安城市・飛島村は10万円/Kw、刈谷市9万円/Kw、豊橋市・田原市8万円/Kw、小牧市7万5千円/kw,名古屋市7万円/Kwと続く。一番低いのは岡崎市・半田市・春日井市・津島市・西尾市・常滑市・江南市・東海市・岩倉市・大口町・阿久比町・美浜町・武豊町の2万円/Kwだ。さすがに太陽光発電システム設置の先進県だけのことはあり、補助金を出しているし市町村は多い。

なお太陽光発電システム補助金のみならず、高効率給湯器設置補助太陽熱高度利用施設設置補助もあるようだ。


QLOOK ANALYTICS