太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

安城市の太陽光発電補助金の予算使い果たし

2009年12月16日(水)

今日は愛知県安城市の話題。少々古いが12月3日付の毎日新聞サイト愛知版記事「太陽光発電:安城市、補助金申請者が殺到 来年度予算案にも計上 /愛知」から一部を引用する。

安城市が太陽光発電施設を設置した市民に補助金を出す制度が好評だ。今年度3回も予算化したが、いずれも申請者が殺到し、短期間で予算を使い果たした。市は2日までに、2010年度予算案にも計上することを決めた。

制度は02年度に始まり、08年度まで出力1キロワット当たり2万4000円を支給し、計529件の申請があった。

09年度から6キロワットを上限に支給額を約4倍の同10万円にしたところ申請が殺到。当初予算に6840万円を盛り込んだが、受け付け開始から20日間ほどで172件の申請があり、当初予算は尽きた。

6月補正予算で5000万円を計上したが、受け付け開始日の127件だけで使い切った。9月補正予算も9800万円を用意したが、受け付け開始からほぼ1カ月の245件で底を突いた。

市は2010年度も予算化することにし、予算要求前の実施計画に1億4000万円を計上した。ただし、1キロワット当たりの補助額は7万円に減らす。
...(C)毎日新聞

このブログでも何回か紹介した、太陽光発電補助金が人気があり予算を使い果たした、という話題だ。安城市の住宅用太陽光発電システム設置補助金制度によれば、補助金額は1キロワット当たり10万円、上限6キロワット。市レベルの太陽光発電設置補助金としてはトップクラスの補助額だ。これなら人気があり予算を使い果たすのも理解できる。

上記引用記事によれば、安城市のこの補助金の予算は3回計上され、2009年度の当補助金合計予算額は2億1640万円に上る。この予算額も市レベルとしてはトップクラスだ。

この人気は、今年度から補助金額を1キロワット当たり6万円から10万円に増やしたことによる。3回募集したが、初回は20日、2回目は初日のみ、3回目は1ヶ月で予算が底をついた、とのことだ。

ちなみに来年度もこの補助金を予算化する方針だが、1キロワット当たりの補助金額は7万円に減らすそうだ。実に残念な話だ。補助金額を増やせば太陽光発電システム導入が急速に進展することは証明されたのに。

なお、先に紹介した安城市ホームページ中の補助金ページには、来年度は補助金額が減額されることは書かれていなかった。このような重要な事項を書いていないとは担当者は怠慢だろう。


QLOOK ANALYTICS