太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

秋田の太陽光発電システム補助金

2009年11月10日(火)

秋田県といえば雪国のため日照が全国で最も少ない県だ。しかし太陽光発電は人気があるようだ。

県の補助金は、県レベルとしては多い方。1キロワットあたり6万円、上限24万円の補助金額だ。補助対象経費が1キロワットあたり70万円と、国の補助金と同じ条件だが、雪国らしく積雪対策工事などの経費を控除できるようになっている。それらを控除した設置費用が70万円/Kwであれば良いので、ほとんどの家庭は問題無い。この秋田県の補助金は、今年の8月3日から来年2月26日までの募集だったが、募集を始めて約2ヵ月後の10月19日をもって予算枠を超過したため募集を中止した、とのことだ。このことから、雪国にもかかわらず太陽光発電の人気があることがわかる。

秋田県内の主な市町村の補助金は次のとおりだ。

先ず秋田市。補助金額は、1キロワットあたり4万円、上限16万円だ。市町村レベルとしては普通の補助金額だ。ただ、少し基準は甘く、今年度限定だが、国または県の補助を受けていて使用中システムであっても補助対象、とのことだ。

横手市の補助金額は、1キロワット当たり7万円、上限35万円と、多目の補助金額だ。

秋田郡大潟村は、1キロワット当たり3万円、上限15万円と、少々渋い補助金額だ。

市町村で補助金のあるところは非常に少ない。だから県の補助金に殺到して予算枠超過となったのだろう。ということは、秋田県内の市町村の補助金を増やせば、太陽光発電の導入は進むと予想される。


QLOOK ANALYTICS