京都府は太陽光発電の付いたEV急速充電器を設置

太陽光発電の付いたEV急速充電器

2011年05月11日(水)

京都府の、太陽光発電付きのEV急速充電器の話題だ。京都新聞サイトの5月9日記事「EV急速充電器、初設置 丹後地域で利用始まる」から一部を引用する。

電気自動車(EV)の急速充電器が丹後地域に初めて設置され、利用が始まっている。京都府内の南北をカバーする急速充電網が整ったことになり、府は「EVの購入の後押しにつながってほしい」と期待している。

...太陽光発電でEVを30分間で80%充電できる。

急速充電器は京都市や民間も含め丹後から南山城まで23カ所に整備された。府と市の充電器は無料。詳しい場所は府のホームページで紹介している。(C)京都新聞

京都府のホームページ中の電気自動車用休息充電器 設置状況によれば、京都府に設置された急速充電器は計23箇所で、そのうち11箇所が太陽光発電装置付きの急速充電器だ。なお計14箇所は京都府が設置したとのことなので、このEV用急速充電器の設置に対する京都府の意欲がわかる。

今回設置された太陽光発電付きの急速充電器はこのような外観だ。これを見ると、太陽光パネルは5枚のように見える。通常の太陽光発電パネルは1枚の出力が約0.2キロワットだから、計5枚で出力約1キロワット、と予想できる。当然、日照の無い・少ない時間での利用のため、蓄電池、恐らくリチウムイオン蓄電池を装備した設備と思う。

化石燃料を燃焼させて走行する通常の自動車と比べると、電気自動車(EV)は環境にやさしいので、京都府としてはEVの普及の後押しのため、急速充電器のインフラ整備を推進している、と思われる。

ただ、急速にEVが普及すると、その充電のため膨大な電力が必要になる。その電力を生み出すには、火力発電所の二酸化炭素か、原子力発電所の放射能物質排出が伴うことを忘れてはいけない。いま日本人は、原発事故を受けてエネルギーを浪費しない社会を目指さなければならない。その変革期のいま、膨大な電力需要が予想されるEVの急速な普及はあまり好ましくない。


QLOOK ANALYTICS