大牟田市に新築のマンションの太陽光発電は各戸に出力が割り当て

マンションの太陽光発電

2010年04月09日(金)

毎日新聞サイト筑後版の4月3日記事「屋上に太陽光発電パネル 大牟田市に10階建てエコマンション /福岡」から一部を引用する。

◇家族4人世帯の光熱費、月額約2000円に

大牟田市の中心市街地、新栄町の一角に、10階建ての分譲マンションがお目見えした。屋上に南向きに取り付けられた太陽光発電パネルが覆う「全戸オール電化」の“エコマンション”だ。

マンションを建設したのは北九州市の住宅設備メーカー「芝浦特機」(新地哲己社長)。05年に同市小倉南区に太陽光発電を設置したマンションを手がけて以来、大牟田市のマンションは10棟目。分譲型は初めてだ。

マンションは1階が店舗で、2階以上に住居63戸が入る。屋上には一面に、太陽光発電パネル(約1・2平方メートル)654枚が並び、各戸に10枚分が割り当てられる。同社によると、各戸の光熱費は家族4人の標準的な世帯で1戸あたり月額約1万5000円が約2000円に抑えられるという。

昨年3月に着工し、今年2月末に完成。総事業費は約13億円。3月25日に開かれた見学会や完工パーティーには、関係者や市民らが詰めかけた。契約状況も順調といい、同月末からは入居が始まった。
...(C)毎日新聞

マンションに太陽光発電システムを設置する話題はときどき聞くが、「太陽光発電を備えたマンション」記事のようにその発電電力はマンションの共用部分に使われる程度のものであった。今日話題の太陽光発電は規模が大きい。

大牟田市に新築された10階建て分譲マンションの屋上には太陽光パネル654枚が敷き詰められている。このマンションは1階が店舗、2階以上が63戸の規模だ。ということは、各戸に10枚分の太陽光発電パネルが割り当てられていることになる。

この太陽光発電パネルのサイズは1枚1.2平方メートルと、若干小さい。通常は1.5平方メートルのサイズで出力は0.2キロワットなので、同じ能力の太陽光パネルと仮定すると、1.2平方メートルの出力は0.16キロワットとなる。各戸は10枚なので、各戸に割り当てれた太陽光発電パネルの出力はだいたい1.6キロワットとなる。これは通常の戸建住宅に設置される太陽光パネルの約半分~4割だ。

このマンションを建てた会社によると、家族4人として各戸の光熱費は通常月額1万5千円がたったの2千円になる、とのことだ。この太陽光発電システムの出力は1.6キロワット程度と小さいが、光熱費抑制の観点からは効果は絶大だ。

ちなみに屋上には1.2平方メートルの太陽光パネルが654枚敷き詰められている、ということは、太陽光発電パネルの設置面積は 654枚×1.2平方メートル ≒ 785平方メートルとなり、これはだいたい28メートル四方に等しい面積だ。

マンションの屋根の面積は限りがあるのでそれを多くの戸数で割ると1戸当たりに割り当てられる太陽光発電出力は小さくなってしまう。しかし、1戸当たりの出力が通常の半分程度の1.6キロワットのレベルでも、光熱費抑制には充分な効果があることはわかった。もちろん二酸化炭素排出抑制にも役立っているし、この程度の出力の太陽光発電システムの付いたマンションは今後全国に増えることが予想される。


QLOOK ANALYTICS