太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

群馬県太田市の太陽光発電

2010年01月12日(火)

群馬県太田市といえば、屋根に設置された太陽光パネルの町並みの画像を何回かネット上で見た記憶がある。今日はその太田市の話題だ。毎日新聞サイト群馬県版1月12日記事「群馬のエコパワー:/7 住宅用太陽光発電」から一部を引用する。

太田市城西町の新興住宅地。約550戸が住宅用太陽光発電を導入し、出力計2200キロワットと、集中型の太陽光発電としては世界最大規模の「ソーラータウン」が形成されている。

独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)が02~08年、民間の電力会社に委託し、太田市の協力を得て行った「集中連系型太陽光発電システム実証研究」の舞台だ。住宅地で集中的に太陽光発電を行い大規模な電力を供給した場合、地域の電力状況にどのような問題が生じるかなどを分析するのが目的だった。

NEDOなどによると、太陽光発電で余った電力を各戸が電力会社へ送る際に、送電の総電力が限界値を超えると、ショートなどのトラブルが発生し、システム効率が低下する。実証研究ではこの問題を解決しようと、住宅ごとにバッテリーを設置し余剰電力を蓄えたり、電力を集中制御する「出力抑制回避装置」を開発・試験運用した。「研究では目立ったトラブルもなく、住宅地での集中発電の実用化にめどが立ったといえる」とNEDO。実験終了後も、各戸は太陽光発電を続け、実用化している。
...
群馬は04年に年間日照時間2290時間で国内第2位になったこともある、太陽光発電には適した土地柄だ。ただ、県などによると、他の発電方法に比べ設置費用が発電電力量当たり2~3倍と割高なことがネックとなっており、住宅地以外で大規模なのは、高崎市総合卸売市場に設置された出力100キロワットの設備だけ。
...(C)毎日新聞

太田市の新興住宅地の約550戸に太陽光発電システムが設置され、その出力は合計2200キロワット、つまり2.2メガワット。これはもうメガソーラーだ。世界でも有数のソーラータウンといえる。これは「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)が電力会社と太田市の協力を得て行った実験だ。実験内容は、要するにスマートグリッドだ。

送電網には送電の限界値がありそれを超えるとトラブルが発生する。そこでこの実験では、電力を集中制御する「出力抑制回避装置」を開発・試験運用した。また各戸には蓄電池も設置し余剰電力を蓄え、必要時に放電するしくみもあるようだ。

この実験は成功裏に終了し、現在も太陽光発電システムは稼動している、とのことだ。

太田市がNEDOの実験の舞台になったのは、群馬県が2004年に年間日照時間が国内第二位になったという実績があったこともある。ただ現状は太陽光発電の設置は進んでいないようで、住宅以外で大規模な太陽光発電は高崎市総合卸売市場に設置された出力100キロワットのシステムだけ、だそうだ。その群馬県において、太田市のある新興住宅地の太陽光発電の合計出力2.2メガワットは大変な規模と言える。


QLOOK ANALYTICS