太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

ハウステンボスに「植物工場」

2009年10月15日(木)

長崎県の話題。10月6日付の読売新聞サイト記事「ハウステンボスに「植物工場」 人工光で野菜栽培」から。

佐世保市のハウステンボス(HTB)は11月、発光ダイオード(LED)などの人工光を使って野菜を栽培する施設「植物工場」をエリア内に設置する。国の補助を得た事業で、電力は場内の太陽光発電を有効活用する予定。国内外の生徒・児童の修学旅行先として、環境学習の見学コースにすることも計画しており、集客アップにもつなげたい考えだ。

植物工場は、出国エリア内の売店「キッカー」内に設置。面積10・5平方メートル、高さ約2・5メートルで、内部は蛍光灯やLEDで照らす。温度管理や養液培養を行い、サラダ菜、フリルレタス、ハーブなどを栽培。サラダ菜で換算すると、週あたり120株の収穫があり、収穫した野菜を使った試食会も検討している。

経済産業省の「先進的植物工場推進事業費補助金」で実施する。全国19件のうち、九州で2団体、県内では唯一採択された。設置費用などを含めた今年度分約1600万円は国の全額補助で、来年度以降はHTBが月約5万円で運営する。
...
HTBでは3月、新エネルギーへの理解を深める「長崎次世代エネルギーパーク」が完成。場内には10か所の太陽光発電パネルのほか、テーマ館などがあり、HTBは「国内外の修学旅行生にとって、環境問題と食糧問題が同時に学べる希少な場所にしたい」としている。(C)読売新聞

佐世保市にあるテーマパークのハウステンボス(HTB)の話題だ。ハウステンボスは11月に、LEDなどの人工光を使用して野菜を栽培する「植物工場」をハウステンボス内に設置する。その電力は、太陽光発電を使用する、とのことだ。

「植物工場」というから大きな施設かと思ったらそうではない。面積10.5平方メートルというから、約3.2メートル四方に相当する面積。高さは2.5メートル。その中を蛍光灯やLED照明で照らす、という「工場」のようだ。そして温度を管理していわゆる水耕栽培を行うようだ。「サラダ菜で換算すると、週あたり120株の収穫」というから、通常のハウス栽培よりは効率の良い栽培のようだ。

設置費用を含めた今年度の費用1600万円は全額国の補助、には驚いた。なんとなく再建中のハウステンボスの援助のような気がするのは私だけか。


QLOOK ANALYTICS