日本KFC新店舗の出力8.6kWの太陽光発電と容量9.6kW時の蓄電システム

日本KFC新店舗の太陽光発電と蓄電システム

2011年07月08日(金)

朝日新聞サイトの7月5日付け日刊工業新聞記事「パナソニック、日本KFCに太陽電池・蓄電システム納入」から一部を引用する。

パナソニックは4日、日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)の環境配慮モデル店舗に太陽光発電システムや蓄電システムなどを納入したと発表した。モデル店舗は江の島店(神奈川県鎌倉市)で18日にオープン。太陽電池と、夜間電力の蓄電によって、ピーク電力のカットにつなげる。江の島店では単結晶系ハイブリッド形の太陽電池モジュールを導入。215ワットが40枚で、年間で約8800キロワット時を発電する。一方、蓄電システムは汎用型のリチウムイオン二次電池をモジュール化したもので、1・6キロワット時の容量が6ユニット。日中のピーク時の補完のほか、災害停電時は照明など特定機器へ供給する。(C)日刊工業新聞

パナソニックは日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)の江の島店に太陽光発電システムや蓄電システムを納品した、というニュースだ。この江の島店はKFCの環境配慮モデル店舗という位置づけで、今月18日にオープン予定だ。

この太陽光発電システムは、出力215ワットの太陽光パネルが40枚とのことなので、合計8.6キロワットとなる。そしてこの太陽光パネルは単結晶系ハイブリッド型の太陽電池、とあるので、もちろんパナソニックが買収した三洋電機のHIT太陽電池だ。この出力8.6キロワットは一般家庭2軒分程度の出力となる。年間発電量は8800キロワット時を想定とのことだが、この数字は出力8.6キロワットから予想される年間発電量にほぼ等しい。

蓄電装置は、リチウムイオン電池。1.6キロワット時のユニットが計6ユニット、という構成だ。計9.6キロワット時となる。この蓄電装置は、日中の電力ピーク時の補完がメイン目的だが、停電時の照明などへの電力供給も行う、とのことだ。

この件について日本KFCはニュースリリース中で次のように書いている。

「KFC江の島店」は、環境に配慮した試みをさらに進めています。その主なものは①外壁を利用した「太陽光発電システム」を採用し年間約8800kWhを発電する予定で空調などに利用します。発電状況などをお伝えするディスプレイも店内に設置します。②また、「蓄電用リチウムイオン電池システム」を利用し、夜間の低需要時に蓄電しピークシフトを行います。災害停電時には、照明や換気扇、非常用コンセントなどへの電力供給も行います。③さらに、デジタルサイネージを設置し、効果的な映像を配信すると同時にメニューなどの印刷物を削減しています。(C)日本KFC

ということで、非常時は非常用コンセントによる電力供給も可能なシステムだ。

このシステムは現在は高価なリチウムイオン蓄電池が9.6キロワット時もの容量であることから、全体とすれば設置にかなり費用のかかったシステムと思われる。外食産業も環境にかなりの費用投下が必要な時代になったようだ。


QLOOK ANALYTICS