太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

甲子園球場に太陽光発電

2009年10月08日(木)

甲子園球場の名物「銀傘」の上に、総面積約1800平方メートルの太陽電池が設置されることになった。着工は10月中旬の予定で、総工費は1億5000万円。センバツ高校野球の開催される来年3月の稼働開始を予定している。阪神甲子園球場のリニューアル工事は「環境への配慮」がテーマになっており、太陽光発電設備の導入はその一環。

「タイガース、高校野球を通して、環境への関心を高めるきっかけになることを期待している」と、阪神電鉄社長坂井信也氏らが会見。球場の屋根を利用しての太陽光発電は、12球団の本拠地球場としては初の試みとなる。

この太陽光発電、推定発電電力量は年間19万3000キロワット時で、阪神がナイターで年間で使用する電力量に相当する(54試合開催、1試合あたり3・3時間点灯として計算)。また、年間で約133トンのCO2削減になるが、これは、甲子園球場11個分の面積の森林が吸収するCO2と同程度という。

阪神ホールディングス株式会社によると、今回採用する株式会社ホンダソルテック製のCIGS太陽電池は、銅・インジウム・ガリウム・セレンを原料とした化合物半導体を、発電層に使った次世代型の太陽電池。シリコンを使わず、発電層を薄い膜状の半導体とすることで、製造時の消費エネルギーや排出CO2を少なくし、環境にやさしく製造することを可能としている。   


QLOOK ANALYTICS