松山市の太陽光発電は次世代エネルギーパークの認定

松山市の太陽光発電

2011年03月29日(火)

愛媛県松山市の話題。3月23日付の読売新聞サイト記事「松山市の太陽光発電普及評価」から。

太陽光発電の普及に取り組む松山市が、資源エネルギー庁から「次世代エネルギーパーク」に県内で初めて認定された。取り組みは同庁によって国内外にPRされることになっており、市は全国平均を1割上回る年間約2000時間の日照量を生かし、新エネルギー関連企業の誘致などを進めるとしている。

認定は2007年度から開始。松山市を含み33自治体・団体が認定されている。

同市は公共施設15か所と小中学校33校の屋上にソーラーパネルを設置。住宅や事業所を対象に太陽光発電設置の補助金制度を設け、4400世帯・事業所が年間1万6800キロ・ワットを〈発電〉している。

1時間に2000キロ・ワットを発電できる四国電力のメガソーラー発電所や、太陽電池製造装置で世界52%の占有率を誇る「エヌ・ピー・シー」(本社・東京)の工場の立地も進んでおり、同市担当者は「新エネルギーはまだコストがかかるが、産業創出につながる。認定を契機に市民の理解が深まれば」と期待している。

太陽光発電に熱心な松山市が、資源エネルギー庁から「次世代エネルギーパーク」に認定された、という話題だ。これは愛媛県初、とのこと。この記事によれば、松山市は日照時間が全国平均を1割上回る、日照に恵まれた市なのだ。だから太陽光発電に熱心なのだ、と合点が行く。

松山市はこのブログでも書いたことがあるが、太陽光発電の導入補助金が手厚い。その成果か、「4400世帯・事業所が年間1万6800キロ・ワットを〈発電〉」とのことだ。ん?記事の単位が変だ。年間発電量ならキロワット時のはず。しかし4400もの家庭・事業所で年間1万6800キロワット時なら、これは逆に少なすぎる。おそらく、4400の家庭・事業所の出力(能力)の合計が1万6800キロ・ワット、ということだろう。それなら合点が行く。1万6800キロ・ワットを4400で割ると、1家庭・事業所当たりの出力が3.8キロワットとなり、順当な数字となるからだ。

なおこの次世代エネルギーパークについては、資源エネルギー庁ホームページ中に新たに8件の次世代エネルギーパーク計画を認定中に書かれている。


QLOOK ANALYTICS