三井化学などが愛知県に大規模太陽光発電所を計画

愛知県の大規模太陽光発電所

2011年08月20日(土)

46NEWSサイトの8月20日共同通信記事「国内最大の太陽光発電計画 三井化学など、愛知県に」から。

三井化学や東芝、三井物産などが大規模太陽光発電所(メガソーラー)の共同建設を計画していることが20日、明らかになった。出力は5万キロワットと国内最大で、投資額は約200億円。2013年からの電力販売を目指す。

電力会社に対し、太陽光など自然エネルギーの買い取りを義務付ける再生エネルギー特別措置法が成立する見通しであることから、売電の採算が向上すると判断した。発電所は愛知県田原市に三井化学が所有する土地(約80万平方メートル)に建設する予定で、発電した電力の全量を中部電力に販売する方針。(C)共同通信

このブログでは愛知県のメガソーラーについて話題になったことはなかった。このたび、愛知県で三井化学や東芝、三井物産などが共同でメガソーラー建設を計画している、というニュースだ。

その規模は、なんと出力5万キロワット、ということは50メガワット。もちろんこれは国内最大だ。いままで国内のメガソーラーはほとんどが電力会社の設置だった。しかし今回は、日本最大規模であるのに電力会社ではなく一般企業が計画していることが大きな特徴だ。

もちろん、一般企業がメガソーラーを計画する背景は、自然エネルギーによる電力の全量買取を定めた法律が成立する見通しであることが大きい。

この5万キロワット出力のメガソーラーの建設費は約200億円とのこと。割り算をすると、1キロワット当たりの設置費用は40万円となる。これはメガソーラーなら順当な数値だろう。

今後、一般企業のメガソーラー設置の話題の増えることが予想される。


QLOOK ANALYTICS