石川県志賀町の北陸電力の太陽光発電所は出力1メガワット程度

北陸電力の太陽光発電所

2011年09月09日(金)

読売新聞サイトの9月7日付け石川県版記事「4800枚に注ぐ太陽の恵み」から一部を引用する。

北陸電力は6日、稼働中の「志賀太陽光発電所」(志賀町若葉台)の外観を報道陣に公開した。同太陽光発電所は昨年11月、本体工事に着手。今年3月12日に営業運転を始めたが、東日本大震災の影響などで公開が遅れていた。同社は富山市でも太陽光発電所を稼働しており、今後、珠洲市と福井県坂井市でも建設を計画する。

志賀太陽光発電所は、約3万平方メートルの敷地に、縦99センチ、横1メートル50の太陽光パネル4815枚が並べられている。日照時間などを考慮した設備の稼働率は11%を想定。年間で約100万キロ・ワット時の発電を見込んでいる。...(C)読売新聞

北陸電力のメガソーラーの話題だ。場所は石川県羽咋郡志賀(しか)町。能登半島西側の町だ。

志賀町といえば、実は北陸電力の唯一の原子力発電所のある町だ。1、2号機の2つがあり、共に沸騰水型軽水炉だ。Wikipediaによれば、恐ろしいことに1号機ではプルサーマルの導入が予定されているそうだ。福島原発事故にもかかわらず、プルトニウムの塊を燃やすつもりだろうか。

話を戻して上記太陽光発電所はこのような外観。0.99m×1.50mのパネルを4815枚使用しているとのことだ。パネル1枚の面積は約1.5平方メートルなので、標準サイズの太陽光パネルだ。もし単結晶シリコン型なら出力は1枚当たり約0・2キロワットなので、それが4815枚ということは、掛け算をすると合計出力は965キロワットと試算できる。

引用記事には出力は書かれていない。年間発電量が約100万キロワット時で、それは稼働率を11%と想定、とある。年間発電量100万キロワットの場合、関東地方なら出力は1000キロワット程度だ。上の試算では965キロワットなので、雪国で日照が少ないので少々少ない、ということだろうか。

一方、年間稼働率約11%を元に試算すると、出力は1038キロワットとなる。約1000キロワットであることには変わりない。

従って、この太陽光発電所の出力は1000キロワット、つまり1メガワット程度と予想できる。メガソーラーと言える、ぎりぎりの出力だ。

それにしても太陽光発電は、年間稼働率は10数%なのだ。もっともっと効率の良い、自然エネルギーによる発電方式があっても良いように思う。


QLOOK ANALYTICS