新潟県と昭和シェルの大規模太陽光発電所は40日も早く発電目標を達成

新潟県と昭和シェルの大規模太陽光発電所-続編

2011年08月25日(木)

少し前だが日刊工業新聞サイトの8月5日記事「雪国メガソーラー、40日前倒しで年間の発電目標を達成-昭シェル・新潟県」から。

40日間前倒しで年間の目標発電量100万キロワット時を達成した新潟県東区にある大規模太陽光発電所(メガソーラー)。昭和シェル石油と新潟県が共同で運営する。降雪などの影響で日照時間が短い雪国では、太陽光発電は不向きとされてきたが、十分な発電量を確保できたという。太陽電池には昭和シェル子会社のソーラーフロンティア(東京都港区)が生産する銅・インジウム・セレン(CIS)薄膜太陽電池を使用した。積雪対策として、パネルに付いた雪を滑らせるために傾斜角度を通常より急な30度にしたほか、設置高さを地上1メートルに設計するなど工夫を施した。同発電所は、2010年8月31日に運転を始め、11年7月25日に年間100万キロワット時の発電目標に到達した。(C)日刊工業新聞

この新潟県と昭和シェルの共同事業のメガソーラーについては、大分前だがこのブログに2回書いた。2009年10月18日の「新潟の大規模太陽光発電所」と、2009年11月26日の記事「新潟県と昭和シェルの大規模太陽光発電所」だ。そこには、出力は1000キロワット、つまり1メガワットと、メガソーラーとしては小さめであること、太陽光パネルは雪国に適した仕様のものを使用すること、2010年9月かどうか石要諦であること、年間発電量は100万キロワット時を見込んでいること、という内容が書かれていた。

その大規模太陽光発電所は、今日引用の記事によれば2010年8月31日に稼動を開始し、少し前の7月25日に年間発電量の100万キロワットを達成した、とのことだ。これは予定より40日も前倒しということになる。

本日引用記事によれば、太陽光パネルは昭和シェル子会社のソーラーフロンティアが生産する、銅・インジウム・セレン(CIS)薄膜太陽電池による太陽光パネルだ。この会社のCIS太陽電池については、このブログで4月19日記事「CIS太陽電池の世界最大級工場」に書いた。このCIS太陽電池は、生産コストは安く済むが発電効率があまり良くない、しかし日陰でも効率があまり落ちない、という特徴の太陽電池だ。この最後の特徴が、雪国に向いている太陽電池、ということに繋がるのだろう。

また引用記事によれば、雪対策で傾斜角度を通常より多くし、また設置高を地上1メートルと高くする、ということも行った。これらがすべて功を奏して40日も早めに発電量目標達成となったのだろう。

このCIS太陽電池、発電効率が改善されれば、かなりの普及が予想できる。


QLOOK ANALYTICS