岡山県瀬戸内市の塩田跡地に西日本最大規模のメガソーラーが建設される可能性

岡山県のメガソーラー

2011年09月03日(土)

毎日新聞サイトの8月25日記事「メガソーラー:国内最大級 岡山の塩田跡地が候補地に」から一部を引用する。

日本最大の塩田だった岡山県瀬戸内市の錦海(きんかい)塩田跡地(500ヘクタール)が国内最大級のメガソーラー(太陽光発電所)の有力候補地に浮上している。岡山は雨の日数が日本一少なく、太陽光発電の好適地。跡地全域に太陽光パネルを設置すれば、総出力25万キロワットと世界最大になる。通信大手のソフトバンクなど10社以上が地元に建設を打診。再生可能エネルギー固定価格買い取り法が成立すれば、立地の動きは加速しそうだ。

塩田は71年に廃止され、跡地の大半が低湿地で産廃処分場や牧草地しか使い道はなかった。瀬戸内市は塩田跡地のうち産廃処分場跡地80ヘクタールを当面の候補地とし、メガソーラー立地を環境再生のモデルと位置付ける。
...
瀬戸内市が当面の候補地とする80ヘクタールに限っても4万~5万キロワットのメガソーラーが建設可能で、市によると、風力発電国内最大手・ユーラスエナジー社やソフトバンクなど10社以上から立地の打診を受けているという。

特に35道府県と自然エネルギー協議会を立ち上げ、全国10カ所以上でメガソーラー建設を計画するソフトバンクは同塩田跡地で単独で80ヘクタールを超える用地確保を目指している。孫正義社長は耕作放棄地などに太陽光パネルを設置する「電田」構想を提唱。同塩田跡地を“西日本最有力の候補地”と位置付ける。

同協議会の会長を務める石井正弘岡山県知事も誘致に積極的だ。所有会社の破産で塩田跡地を取得した瀬戸内市は環境との調和を柱に活用を検討。武久顕也市長は「福島第1原発事故で市民の価値観は自然エネルギー重視に変わっている」と誘致の意義を説明する。(C)毎日新聞

岡山県のメガソーラーについては、このブログの5月10日記事「岡山県の太陽光発電への補助」に少しだけ書いた。その記事では、岡山県が特典を付けてメガソーラーの誘致を開始したこと、候補地は玉野市の塩田跡地、笠岡市の笠岡湾干拓地など、と書いた。

今日の引用記事は、岡山県瀬戸内市の錦海塩田跡地が国内最大級のメガソーラー候補地として浮上している、というニュースだ。その塩田跡地は約500ヘクタール。所有者は瀬戸内市だ。同市は先ずそのうちの80ヘクタールを候補地としている、とのこと。この面積でも4万~5万キロワット、ということは40~50メガワットのメガソーラーが建設可能だそうだ。ソフトバンクなど約10社からメガソーラー建設の打診があるとのこと。特に全国10箇所以上のメガソーラー建設を目論んでいるソフトバンクは、同跡地を"西日本最有力の候補地"と位置付けている。

いままでメガソーラーがほとんど話題にならなかった中国地方、岡山県が西日本のメガソーラーの中心地となる可能性が出てきた。

なお引用記事の最初の方に「再生可能エネルギー固定価格買い取り法が成立すれば、立地の動きは加速しそうだ」とあるが、この法案は先月8月末に成立した。この法案にも問題はあるものの、自然エネルギーによる発電に弾みが付くことは間違いない。ただ、新首相が原発復活をたくらんでいることが強く懸念される。


QLOOK ANALYTICS