大村市に建設されるメガソーラーは出力1万3000キロワット

大村市のメガソーラー

2012年04月02日(月)

読売新聞サイトの3月29日九州版記事「大村にメガソーラー、九電子会社着工へ」から一部を引用する。

九州電力子会社のキューデン・エコソル(福岡市)は28日、長崎県大村市に九州最大級となる出力1万3000キロ・ワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。

1万キロ・ワットと3000キロ・ワットの2施設からなり、いずれも今夏に着工、3000キロ・ワットは2012年度中に、1万キロ・ワットは13年度中に営業運転を開始する予定。投資額は明らかにしていない。

...メガソーラーの年間発電量は1320万キロ・ワット時で、一般家庭約9200世帯分の電力をまかなえる。(C)読売新聞

長崎県大村市に建設されるメガソーラーは、このブログで最近話題の太陽光発電ビジネスではなく、電力会社(九州電力)が建設するもの。出力は1万3000キロワットというから、13メガワットということになり、これはメガソーラーとしても大きい。引用記事によれば九州最大級とのことで、そのとおりだろう。

このメガソーラーは2つの施設から成り、ひとつは出力3000キロワットで今年度中に稼動し、他は出力1万キロワットで来年度中の稼動の予定、とのことだ。

ちょっと面白いのは、年間発電量だ。一般的な目安として、出力を1000倍した数字で単位に時を付けた数字が、年間発電量の目安となる。たとえば出力10キロワットなら、年間発電量の予測値は1000倍して1万キロワット時、となる。そしてその地域の日照に応じて、1~2割程度増減する。

このメガソーラーの場合、出力1万3000キロワットなので、年間発電量の予測値は1300万キロワット時となる。長崎県なので日照に恵まれているので、1500万キロワット時くらいか、と思いきや、引用記事では1320万キロワット時、とある。標準的な予測値とほぼ同じとなる。

この数字により、大村市は意外に日照時間が短いのかもしれない。いや、九州だからそんなことはないだろう。そうなると可能性としては、使用する太陽光パネルに変換効率は低いが価格の安い種類(例えば薄膜系)を使用している、ということだろうか。


QLOOK ANALYTICS