日本のユーラスエナジーが米国カリフォルニアでメガソーラー稼動

米国のメガソーラー

2011年08月18日(木)

日刊工業新聞サイトの8月12日記事「ユーラスエナジー、米カリフォルニアでメガソーラー稼働-総出力は 4万5000KW」から一部を引用する。

ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区...)は、米国カリフォルニア州で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の稼働を始めた。総出力は同州最大の4万5000キロワット、米国内でも第2位の規模としている。ユーラスエナジーグループにとっても、米国では初のメガソーラー事業。総事業費は約2億2000万ドル(約172億円)。米国の大手卸電力会社のNRGグループとの共同事業で、事業資金は折半した。敷地面積は200ヘクタールで、シャープ製の薄膜シリコン型ソーラーパネルを約45万枚設置。発電した電力は同州最大の電力会社であるパシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニーに20年間販売する。...(C)日刊工業新聞

ユーラスエナジーが米国でメガソーラーの稼動を開始、というニュースだ。ユーラスエナジーといえばこのブログで話題にしたばかりだ。8月3日付け記事「東電子会社が北海道にメガソーラーを計画」で、北海道白糠町に出力約21メガワットのメガソーラーを計画している会社が今日話題のユーラスエナジーだ。

この会社は、米国カリフォルニア州で出力45メガワットものメガソーラーの稼動を開始した。画像によれば、荒涼たる土地に設置されているようだ。この出力は世界的にもかなり大きく、米国で第2位の規模だ。

この出力を得るために必要な太陽光パネルは約45万枚とのこと。ということは、割り算をすると、太陽光パネル1枚当たりの出力は0.1キロワットとなる。通常の結晶型シリコン系の太陽光パネル1枚の出力が約0.2キロワットなので、このメガソーラーに使用されている太陽光パネルはその半分の能力、ということになる。薄膜系の太陽電池による太陽光パネルと予想できるが、良く記事を読むと、やはり、シャープ製の薄膜シリコン型の太陽光パネルであることがわかる。

建設費用は約2億2000万ドル(約172億円)とのこと。出力は4万5千キロワットだから、計算すると、1キロワット当たりの建設費は約38万円となる。これだけ大規模になると結構安く建設できるものだ。


QLOOK ANALYTICS