山梨県甲府市米倉山の大規模太陽光発電所が完成

山梨県の大規模太陽光発電所が完成

2012年01月30日(月)

環境ビジネスサイトの1月30日記事”東京電力、山梨県のメガソーラー「米倉山太陽光発電所」運転開始”から一部を引用する。

東京電力と山梨県は、山梨県甲府市米倉山のメガソーラー発電所「米倉山太陽光発電所」の運転を1月27日に開始したことを発表した。同発電所の最大出力は 10,000kW、年間発電電力量は約1,200万kWh(一般家庭約3,400軒分の年間使用電力量に相当)。...
...
同発電所の運転開始とあわせて開館する山梨県運営のPR施設「ゆめソーラー館やまなし」では、太陽光発電をはじめ、小水力発電、燃料電池等の再生可能エネルギーや次世代エネルギーについて、パネルや映像等により紹介するほか、屋上に設置する太陽光パネル、燃料電池等により施設の電力を供給する実機を展示。太陽光発電等の普及啓発活動の推進に加え、山梨県の環境への取り組みや次世代エネルギーに関する情報を国内外に発信していく。(C)環境ビジネス

東京電力が山梨県に建設していたメガソーラー「米倉山太陽光発電所」が1月27日に運転を開始した、というニュースだ。

この太陽光発電所については、このブログの直近では大分前の2010年5月24日記事「山梨県の大規模太陽光発電所の工期が大幅に短縮」に書いた。その記事によると、このメガソーラーの計画されたのが2009年11月と大分前だ。当初の完成予定は2014年初だったが、県の強い要請により計画を見直し、2012年1月の完成予定となった、という記事だった。

そして予定どおり、この1月末に同メガソーラーは完成した。本日の引用記事によれば、出力は10,000kW、つまり10メガワットなので、当初の計画通りであって変更はない。

この出力の場合、年間発電量を概算すると1000万キロワット時だが、上記引用記事によれば約1200万キロワット時と、通常の概算より200万キロワット時、つまり2割も多い。これは、建設場所である山梨県甲府市の日照時間が長く、太陽光発電に非常に適した土地であることを表している、と言える。

なおこの太陽光発電所の開設に合せ、県運営のPR施設「ゆめソーラー館やまなし」がオープンしたとのこと。同館では太陽光発電を初めとする再生可能エネルギーの紹介や太陽光パネル実機展示などの啓蒙活動を行う、とのことだ。


QLOOK ANALYTICS