御嵩町の太陽光発電量予測システムは50メートル四方の精度

御嵩町の太陽光発電量予測システム

2011年05月26日(木)

岐阜県御嵩町の話題。岐阜新聞サイトの5月21日記事「御嵩の太陽光発電量、ネットで試算 岐阜大とシステム開発」から一部を引用する。

可児郡御嵩町と岐阜大学は、同町内の太陽光発電量をインターネットで試算できるシステムを共同開発し、20日、ホームページに公開した。

同町で行われた太陽光エネルギー調査の成果をもとに開発された同システムは、地形による日照条件などを反映。同大大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻の小林智尚教授らが、同大の局地気象予報予測システムを活用し、50メートル四方の精度で1年間の太陽光発電量を試算、地図化した。同町東部に広がる中山間地域の山の影なども計算している。

システムでは、発電装置の出力や角度などを入力することで、地図上の地点の発電量を求めることができる。

また、太陽光エネルギー調査で、同町の日射量は全国平均を上回り、発電も1割程度多く期待できることも分かった。
...(C)岐阜新聞

住んでいる場所等を指定するだけで太陽光発電の発電量予測を表示するサイトが公開された。これは御嵩町と岐阜大学の共同開発。

この元になったデータは、同町で行われた太陽光エネルギー調査のデータだ。これを元に、山などによる日照の影響も考慮して太陽光発電の発電量を予測する。この決めの細かさが特徴だ。

その御嵩町 太陽光発電量をチェックサイトを見てみよう。画面を開くと、御嵩町の地図が表示される。その中の赤いマーカーを結果を知りたい場所までマウスでドラッグする。次に、太陽光パネルの出力や、高度角、方位角を指定する。わからなければ、画面に表示してあるデフォルトの数字でとりあえず良しとする。そして「発電量チェック」ボタンを押すだけだ。

次に表示される結果画面では、年間発電量(キロワット時)と、月別の発電量が表示される。また、年間発電量をすべて売電したと仮定したときの売電価格も表示される。

実際には、この年間の売電価格から各家庭で1年間に電気会社に支払った金額を引けば、本当の売電益が計算できるが、そこまではこのシステムではサポートしていない。

このシステムの精度は50メートル四方というから、かなり細かい。その精度が可能なのは、前記の調査による詳細な日照データの蓄積があるからだろう。

なおその調査の結果、御嵩町の日射量は全国平均より上で、発電量も全国平均より1割程度多く期待できるそうだ。この町は太陽光発電に向いた場所と言えよう。

このようなシステムの全国版が喫緊に望まれるところだ。ただそのためには全国の詳細な日照データが必要になる。そのようなデータは存在しているはずだがさすがに50メートル四方の精度ではなく、おそらく数Km単位の粗いものと予想する。それでも、そのような全国版の太陽光発電量の予測システムの登場が望まれる。


QLOOK ANALYTICS