太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

第4回マニフェスト大賞の地域環境政策賞に小諸市長

2009年11月11日(水)

日本にも政治においてマニフェストという言葉が一般的に語られるようになった。マニフェストにより政策を提言し選挙でその信を問い、選挙に勝てばそれを実行する、という政治手法だ。ただマニフェストは政策の総花的羅列では駄目で、理念とそれをどれだか実行したか、が問われる。それをチェックし優秀な政治家を表彰するマニフェスト大賞という賞がある。次の内容だ。

マニフェスト大賞はこれまで注目を集めることの少なかった地方自治体の首長・議員の活動実績を募集・表彰し、受賞者氏名を発表することで、地方政治で地道な活動を積む人々に名誉を与え、更なる政策提言意欲の向上につながることを期待したものです。

第4回マニフェスト大賞では、表彰対象に昨年同様、地方議員・地方自治体の首長に加え、公開討論会の開催や検証大会の開催など市民レベルでマニフェストを推進する市民を表彰し、地域環境政策賞を継続します。また、「100年に一度」と言われる経済危機の中、地域独自の経済対策を推進する首長と議会も表彰します。今年も全国のベストプラクティスを集めることで、更なる政策提言の情報発信を狙います。

【応募期間 2009年5月7日~2009年8月31日】
(C)マニフェスト大賞

バックとなる団体は、主催がマニフェスト大賞実行委員会、共催が早稲田大学マニフェスト研究所 毎日新聞社だ。11月6日、第4回マニフェスト大賞が発表され授与式があった。その中に太陽光発電関連があった。11月7日の毎日新聞サイト記事「マニフェスト大賞:選挙重ね地域に浸透」によると次のとおりだ。

■地域環境政策賞
◆芹沢勤・長野県小諸市長(68)
 ◇「こもろはす」基に街づくり

 小諸市では、健康と環境に重点を置いたロハス政策「こもろはす」に基づく街づくりが、着実に進んでいる。

 高い日照率を利用して太陽光発電を全小中学校に設置し、グリーン電力証書事業に発展させた。市環境大使のアルピニスト、野口健さんの森林教室は4年目を迎え、次世代を担う小学生が森や環境の大切さを学ぶ。

 身近な環境活動を表彰する「野口賞」と合わせ、市民に環境意識が浸透。地道な活動で世界的ブランドによる「ルイ・ヴィトンの森」の誘致にも成功した。

芹沢市長は市民と一体の政策展開で「健康と環境のまち」の全国PRに励んでいる。(C)毎日新聞

なんと、小諸市では全小中学校に太陽光発電システムを設置したのだそうだ。小諸市の公式サイト中の「こもろはす」とは?によると次のとおりだ。

...
健康と環境に配慮した持続可能な社会をめざす暮らし=ロハス(LOHAS:Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をとった造語)が注目を集めています。
...
このように詩情豊かで自然に恵まれた「陽の当たる坂のまち小諸」では、市内の全小中学校に太陽光発電装置が設置されていたり、各学校が地域の安全安心な食材を取り入れた自校給食に取り組んでいたり、市全域の生ごみを分別収集し、堆肥にして市民に還元していたりと、多くのロハスな取り組みが行われています。

そして、市内の各地域においても特段ロハスを意識することなく、多くの方がロハスを実践しています。

こうした経過・背景を活かした小諸らしいロハスが「こもろはす」です。(C)小諸市

"小諸らしいロハスが「こもろはす」"とはなかなか良いネーミングだ。この、市内全小中学校への太陽光発電設置は、次の事業だ。

全ての小中学校に太陽光発電設備を設置している小諸市は、太陽光により発電された環境にやさしい「グリーン電力」の環境付加価値を取引きするグリーン電力証書制度に参加します。
◆ 事業の目的
 ・ グリーン電力証書活用による自然エネルギーの普及促進
 ・ 証書販売の収入を元にした発電設備の維持及び活用並びに環境教育の促進
◆ 事業内容
 ・ 全小中学校にグリーン電力証書制度への参加に必要となる計量法検定付き電力量計を設置する。
 ・ 発電設備の認定申請、電力量の認証申請、証書の作成・販売等をNPO法人太陽光発電所ネットワークに委託し、制度に参加する。
 ・ 証書販売による収入を、発電した小中学校に還元し、学校において児童・生徒の意見を採り入れながら設備の維持管理、環境教育等に活用していく。
 ・ 事業の開始、電力量の認証等それぞれの機会を捉えて積極的に情報発信を行う。
...(C)小諸市

ということで、これはグリーン電力証書への参加だ。もちろん設置先が小中学校なので、太陽光発電への理解を深める教育的目的も大きいだろう。

では、このような小諸市の太陽光発電システム設置の補助金はいくらだろうか。調べると、1キロワット当たり5万円で最高4キロワット、20万円が上限、とのことだ。市町村レベルとしてはまあ高額の補助金だろう。


QLOOK ANALYTICS