三菱重工の企業内保育園には10キロワットの太陽光発電

三菱重工の企業内保育園の太陽光発電

2010年04月06日(火)

4月2日発行の三菱重工ニュースの初の企業内保育園を長崎造船所に開設、あす開園式から。

初の企業内保育園を長崎造船所に開設、あす開園式
仕事と育児の両立を支援、CSR活動にも一役

三菱重工業は、長崎造船所(長崎市)内に保育園「三菱重工 キラキッズ保育園」(園長赤堀 美樹)を開設し、3日に開園式を行う。同保育園は、仕事と育児を両立しやすい職場環境づくりに寄与するとともに、CSR(企業の社会的責任)活動の一翼も担う。当社が企業内保育園を開設するのは、これが初めて。
...
実際の運営は、長崎市内で企業内保育園の運営実績を持つ社会福祉法人に委託。児童福祉法に基づき認可を受けた保育園と同等レベル以上のサービスを、割安の保育料金で提供する。給食・おやつのほか、延長保育時の軽食を園内で賄い、母乳を与えられる授乳室も設置。インターネットカメラや総合ガードシステムなどによりセキュリティー機能も充実させた。また、当社製の太陽光発電システムも導入し、照明用電力に充てる。
...

■ 「三菱重工 キラキッズ保育園」 概要
...
利用対象者
  当社社員、グループ会社社員

保育料金
  長崎市認可保育園保育料の半額程度(グループ会社社員は8割程度)

運営実務
  社会福祉法人 優心会に委託

主な設備
  ...
  太陽光発電システム(出力10.5kW)
(C)三菱重工

三菱重工の長崎造船所内に初の企業内保育園がオープンした、という話題だ。長崎といえば三菱重工の街。長崎市出身の後輩が学生時代、三菱の車に乗りナンバーは最後まで長崎ナンバーだったことを思い出す。(その彼、いまは三菱重工で結構な地位とか。。。)

この引用記事を読むと、大企業は福利厚生が手厚い、とつくづく思う。社員はこの保育園の利用料が通常の半額なのだから。

さてこのブログは太陽光発電関連ブログなので、その話題。この新設された保育園には出力10.5キロワットの太陽光発電システムが設置されている。10.5キロワットというと、一般住宅の太陽光発電の3軒分程度の出力だ。そしてこの太陽光発電設備による電力は照明用に使用される、とのことだ。


QLOOK ANALYTICS