太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

NHK放送センターの太陽光発電システム

2009年11月15日(日)

読売新聞サイトの11月12日記事「NHKが局舎で太陽光発電」から。

放送センターなどにパネル設置

NHKは、今年度から2013年度までの5年間で、全国38の放送局の屋上などに年間計67万キロ・ワット時を発電できる太陽光発電パネルを設置することを決めた。NHKが使用する年間電力量4億キロ・ワット時の約0・17%に相当する。

今年度は東京・渋谷の放送センター屋上をはじめ、青森、新潟、岐阜など計7放送局にパネルを設置、東京では4万2000キロ・ワット時、他の6局は1局平均1万キロ・ワット時の年間発電量を見込む。
...(C)読売新聞

NHKが全国の放送局に太陽光発電システムの設置を決定した、という話題だ。

東京では、NHK放送センターの屋上に設置し、年間4万2000キロワット時の発電量を見込む、とのことだ。この年間発電量から類推すると、NHK放送センターに設置するシステムの出力は42キロワット程度なので、一般家庭約10軒分だ。

さすがにNHKは全国規模なので、全国の38放送局に太陽光発電システムを設置し、年間67万キロワット時の発電量を想定しているが、この電力は、NHKの年間使用電力量4億キロワットの0.17%に過ぎない、とのことだ。

NHKの年間使用電力量が4億キロワットと、とてつもない数字であることに驚かされる。

つくづく思うのだが、ある程度の規模の太陽光発電システム設置が話題でなくなる日はいつのことだろうか。このようなことがニュースになること自体、太陽光発電があまり一般的ではないことを物語っているだろう。5年後くらいにはこのような話題が新聞のニュースにならないようになっていることを望んでいる。


QLOOK ANALYTICS