太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

岡山県の太陽光発電システム補助金

2009年11月04日(水)

このブログの10月14日記事「岡山市の太陽光発電システム補助金追加募集」で岡山市の太陽光発電設置補助について書いた。今日の話題は岡山県の補助。山陽新聞サイト10月19日記事「県の住宅用太陽光発電補助 初日申請は800件」から一部を引用する。

県が再開した住宅用太陽光発電システム補助の申請受け付けが19日、県庁と県環境保全事業団環境学習センター(岡山市北区下石井)で始まった。約2000件の予算枠に対し、初日は約800件の申し込みがあった。

県庁では、環境政策課が9階大会議室に受付所を特設。午前9時の開始前から申請を代行する施工業者や住宅メーカー社員ら約80人が詰めかけ、県は書類審査窓口を当初の2カ所から4カ所に増やして対応した。

7月の前回は6日で予算枠を超えたことから、岡山市内の住宅メーカー社員は「(予算枠が)1週間も持たないと思って初日に申請した。余剰電力の買い取り価格が来月から2倍になることもあって装置の需要は伸びている」と話していた。

県の補助は出力1キロワット当たり3万51000円(上限14万円)。前回より補助を半額にして対象件数を2倍に拡大している。受付期間は来年1月29日までだが、予算枠に達し次第締め切る。申請状況によっては、抽選に切り替えるという。(C)山陽新聞

岡山県の補助金は、1キロワット当たり3万5100円で、上限14万円。先に書いた岡山市の補助金額とほぼ同額だ。

それにしても驚かされるのはこの補助申請が殺到していることだ。記事によれば、約2000件の予算枠に対し、受付初日の10月19日の申し込みが約800件というから、初日だけで予算枠の4割の申請があったことになる。

この補助の受付期間は来年1月29日までだが予算枠に達し次第締め切る、とのこと。引用記事中にもあったが、来年1月29日どころか1週間も持たないだろう。県によれば抽選に切り替えることもあり得る、とのことだ。

そこで、岡山県のホームページを検索した。県環境政策課のページにこの県が記載されていた。それによると、10月末日までに1442件の申し込みがあった。ちなみに初日の10月19日は922件の申し込みだった。この補助金の予算枠は、2億8千万円、とのことだ。上記見通しと異なり、1週間も持たずに予算枠分が一杯になることはなかった。結局、販売会社の社員が代行で初日に大挙して申請した、ということのようだ。


QLOOK ANALYTICS