小野市の太陽光発電設置補助金は1kW3万5千円、上限10万円。加東市は市内施工業者時に上乗せ

小野市と加東市の太陽光発電設置補助金

2011年06月16日(木)

今日は兵庫県の小野市、加東市の話題。神戸新聞サイトの6月15日記事「太陽光発電に熱視線 補助制度に応募急増 小野市」から一部を引用する。

東日本大震災以降、福島第1原発事故などで注目を集める太陽光発電。関西でも夏の電力不足が明らかになる中、県は住宅への設置の補助制度を設ける方針を決めた。北播磨では、昨年度から設置の補助制度を始めた小野市で、震災後に問い合わせが急増。加東市でも、本年度から補助制度がスタートすることもあり、北播磨でも太陽光への視線が熱を帯びそうだ。

太陽光発電の設置には本年度、国が1キロワット当たり4万8千円を補助する。それに加え、小野市では1キロワット当たり3万5千円(上限10万円)を補助。6月15日から受け付けが始まる加東市では、市内業者施工の場合、1キロワット当たり4万5千円(上限15万円)、市外業者の場合3万5千円(上限10万円)を補助する。

小野市には昨年度、年間72件計281・86キロワットの応募があった。目標の100件には届かなかったが、震災後の4~5月は問い合わせが急増し、応募は24件あった。担当者は「原発事故後、クリーンエネルギーが注目されている。この調子で100件までいくのでは」と期待を寄せる。加東市にも4月以降、市民や業者から約100件の問い合わせがあったという。

設置費用は、発電出力3・5キロワットの標準設備で約200万円だが、価格は下がりつつある。余剰電力は本年度は42円/キロワット時で買い取られ、10~12年で初期費用は回収できる見込みという。
...(C)神戸新聞

関東在住の私は両市を知らなかった。調べたところ、瀬戸内海に面した兵庫県明石市から北に三木市、小野市、加東市とあることがわかった。今日話題の2市は活断層の山崎断層の近くのように思う。

小野市の太陽光発電設置補助金は、1キロワットあたり3万5千円、上限10万円だ。この金額は最近の市町村の補助金のだいたい平均値のように思う。小野市は昨年は100件の予算枠のところ、72件しか応募がなかったそうだ。これは市民の意識の問題というより、市のPRに問題はなかっただろうか。ところが今年度は、震災後に問い合わせが急増している、とのことだ。

加東市の太陽光発電設置補助金は今年度から開始した。補助金額は、施工業者が市外のときは小野市と同じ、1キロワット当たり3万5千円、上限10万円だが、市内業者の場合は1キロワット当たり4万5千円、上限15万円と、かなり補助金額が増える。この数字は市町村レベルでは多い方だ。ほとんどの市民は市内施工業者を選択するだろう。もしろん加東市は太陽光発電設置の増加と地域振興と両方の目的で補助金を出す、ということだろう。

なお兵庫県のサイトを調べたが、県レベルで一般住宅への太陽光発電設置補助金制度のページを見つけることはできなかった。しかし上記引用記事によれば、その補助制度を設けることを決定した、とのことなので、今年度中には開始するだろう。そうなると、国・県・市町村レベルでかなり手厚い補助となることが予想される。


QLOOK ANALYTICS