大分県日出町役場庁舎屋上の出力約20Kwの太陽光発電は費用が高すぎる

大分県日出町役場庁舎屋上の太陽光発電

2010年05月05日(水)

今日は大分県日出町の話題。毎日新聞サイト大分版の5月4日記事「日出町:役場屋上に太陽光発電施設 県内市町村で初めて /大分」から。

日出町役場屋上に太陽光発電施設がこのほど完成した。庁舎を利用した太陽光発電は県内の市町村では初めてだという。

国の経済対策臨時交付金2198万円を使い整備した。縦1メートル、横1・4メートルの太陽光発電パネルを96枚設置。試算では、年間2万1000キロワット時の電力を生み出すことができる。役場が使用する電力の4・8%にあたり、二酸化炭素排出量を7・3トン削減できるという。

役場1階ロビーには発電量を表示するモニターを設置。屋上に設置したのと同じパネル1枚もロビーに置き、来庁者にPRする。(C)毎日新聞

大分県日出(ひじ)町は別府湾に面した人口約2万9千人の町だ。その町役場の屋上に太陽光発電設備が設置された。これは大分県内の庁舎では初めてとのことだ。

この太陽光発電設備は国の補助金で整備した、とのこと。いままでこのブログでいくつか例があったが、国の補助金で太陽光発電設備を設置すると設置費用が非常に高くなる例ばかりだ。この日出町ではどうだろうか、計算してみる。

太陽光パネルのサイズは1メートル×1.4メートルとのことなので、通常のサイズの太陽光パネルだ。通常の太陽光パネルの出力は1枚当たり約0.2キロワットで、太陽光パネルを96枚設置した、というから、予測される出力は96枚×0.2キロワット= 19.2キロワットだ。一方、年間の発電量は試算では2万1000キロワットとのことなので、これから計算される出力は21キロワットだ。2つの計算方法でだいたい同じ値になるので、ここではとりあえず出力20キロワットとしておく。20キロワットの出力は、自治体庁舎の屋根に設置された太陽光発電システムとしてはまあまあ大きい方に入るだろう。

さてこの20キロワットの太陽光発電システムを設置するのにかかった費用は2198万円。ということは、1キロワット当たりの設置費用は100万円を超えている。案の定、非常に高い費用だ。そしてこの費用はすべて補助金で賄われており、補助金とは税金なのだ。またしても税金の無駄遣いだ。


QLOOK ANALYTICS