太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

第二京阪道の遮音壁に太陽光発電パネル設置

2009年12月03日(木)

12月1日の産経新聞サイト記事「第二京阪道、全通は3月20日 全国初の遮音壁で太陽光発電」から一部を引用する。

国土交通省近畿地方整備局と西日本高速道路は30日、京都市伏見区と大阪府門真市を結ぶ第二京阪道路(総延長28・3キロ)が3月20日に全線開通すると発表した。大阪市内から京都市内まで約1時間で移動が可能になる。

新たに開通するのは、大阪府内の枚方東インターチェンジ(IC、枚方市)-門真IC(門真市)間の16・9キロ。
...
また、今回の開通区間は全国で初めて遮音壁に太陽光発電パネルを設置する。パネルは枚方学研、交野北、交野南、寝屋川北のIC4カ所の計約2400平方メートルで、最大出力は120キロワット。料金所やトンネルの照明など日中の使用電力の15~20%をまかなう。
...(C)産経新聞

第二京阪道路は来年3月20日に全線開通するが、今回新たに開通する大阪府内の約17キロ中にある4つのインターチェンジに太陽光発電パネルを設置する、とのことだ。設置するのは枚方学研、交野北、交野南、寝屋川北の4つのインターチェンジで、遮音壁に太陽光パネルを設置。設置面積は計2400平米で、出力は200キロワットだ。設置面積2400平米、ということは、約50メートル四方の面積に等しい。結構広い。そして出力200キロワットは、一般家庭の太陽光発電システムの50軒分に相当する。この電力で、料金所やトンネルの照明など日中の使用電力の15~20%を賄えるそうだ。

道路の遮音壁に太陽光発電パネルを設置するのは全国で初めて、とのこと。遮音壁に設置ということは、太陽光パネルは垂直に近い角度で設置する場所が多いだろう。ということは効率は少し下がるが、圧倒的な設置面積の多さでそれをカバーしている、ということだろう。


QLOOK ANALYTICS