太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

阪急摂津市駅のカーボン・ニュートラル

2009年12月11日(金)

産経新聞サイトの12月10日記事日本初“CO2排出ゼロ駅”阪急「摂津市」3月14日開業から一部を引用する。

阪急電鉄は9日、阪急京都線摂津市駅(同市千里丘東)の開業日を、来年3月14日とすると発表した。二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにする「カーボン・ニュートラル・ステーション」を計画、環境省では「駅で同様の取り組みは聞いたことがない」としており、国内で初の試みとみられる。

阪急電鉄では同駅のCO2排出量を年間約70トンと想定。このうち、年間約36トンは太陽光発電や雨水利用などの施設を整備することで削減、残りの年間約34トンはCO2排出枠を購入する予定としている。
...(C)産経新聞

阪急電鉄の新駅、阪急京都線摂津市駅が二酸化炭素排出量を実質ゼロにする話題。この新駅は来年3月14日に開業予定だ。この二酸化炭素排出量がゼロであることをカーボン・ニュートラルというので、この駅を「カーボン・ニュートラル・ステーション」とする計画だ。ちなみに駅でカーボン・ニュートラルを目指す試みは日本で初とのこと。

この新駅での二酸化炭素排出量は年間約70トンと想定し、このうち36トン分は太陽光発電システムや雨水設備の設置で削減する。残り34トン分は、残念ながら二酸化炭素排出枠を購入する、とのことだ。約半分しか自前では削減できないことになる。

二酸化炭素排出枠を購入せずにカーボン・ニュートラルを実現することは、無理なのだろうか。さらに大きな太陽光発電システムを設置すればもっと自前のカーボン・ニュートラルには近づけるが、そのコストを考えると、二酸化炭素排出枠を購入したほうが良い、という結論なのだろうか。


QLOOK ANALYTICS