静岡市の太陽光発電設置補助金は予算を増やして件数を720件上乗せ

静岡市の太陽光発電設置補助金

2011年06月22日(水)

静岡市の話題。毎日新聞サイト静岡版6月21日記事「浜岡原発:停止余波 静岡市が太陽光発電設置費補助枠を拡大 /静岡」から一部を引用する。

◇当初予算から720件上積み、住宅用1200件に

静岡市は省エネ対策の一環として、住宅用太陽光発電システムの設置費用に対する補助枠を拡大する。当初予算では480件を上限としていたが、中部電力浜岡原発(御前崎市)の全面停止を受け、関心が高まると予測し、720件上積みした1200件の申請まで助成できるよう、3800万円を6月補正予算案に計上した。

◇省エネ対策で5万1000円上限に

市環境総務課によると、対象は今年4月以降に市内の住宅用建物にシステムを設置し、国から交付金を受けた人で、1キロワットあたり1万7000円、上限5万1000円を補助する。システムの相場は150万~240万円程度だという。

今年度は今月9日までに前年並みの45件の応募があった。担当者は「市の助成は国の交付金を受けた後に申請するため、まだ浜岡原発の影響は出ていない。問い合わせは多いので、今後申請数は増えると思う」と話している。
...(C)毎日新聞

菅の思いつき政策の中部電力浜岡原発の全面停止を受け、太陽光発電への関心がより強まると予測した静岡市が、太陽光発電設置補助金を拡大する、という記事だ。

そもそも静岡市の太陽光発電設置補助金額は、1キロワット当たり1万7000円、上限5万1000円というから、それほど高い金額ではない。はっきり言って市町村レベルの補助金としては少ない方だ。ただ上限は出力5キロワットに相当し、それはまあ評価できる。

この太陽光発電設置補助金を、市は予算を上積みした。720件分を上乗せし、合計1200件までの補助金が可能となった。

この詳細については、静岡市のホームページ中の「太陽光発電システムを設置した方への助成制度(平成23年度)」に書かれている。このページによれば、6月17日現在、申請件数はまだ52件だ。1200件には程遠い。市は市民にこの太陽光発電設置補助金制度と、太陽光発電そのもののPRをもっともっと行う必要があるように思う。


QLOOK ANALYTICS