川越市は太陽光発電設置補助金の補正予算2625万円を追加

川越市の太陽光発電設置補助金

2011年09月07日(水)

埼玉県川越市の話題。読売新聞サイト埼玉版9月1日記事「川越市が太陽光発電補助2625万円追加へ」から一部を引用する。

住宅用太陽光発電システムの設置に補助金を交付している川越市で、住民からの補助金申請が急増している。同市は「原発事故の影響などで市民のエコ意識が高まった」と分析。9月1日開会の市議会定例会に、追加の補助金2625万円を盛り込んだ補正予算案を提出する。

同市は1997年、全国2例目となる住宅用太陽光発電への補助金制度を導入し、これまでに計2010件の交付を行った。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の削減効果は累計で2521トンに及ぶという。

今年度は300件の補助を想定し、当初予算で2625万円を確保。だが、5月末までに300件近い補助申請が集まった。市は今後さらに申請が増えると見て、補正予算に追加の補助金分を盛り込むことにした。補助は2キロ・ワット以上のシステムを自宅に設置する住民が対象。工事費を1キロ・ワット当たり2万5000円、5キロ・ワット12万5000円まで市が補助する。(C)読売新聞

川越市は今年度当初予算に、太陽光発電設置補助金、約300件として2625万円の予算を計上した。しかし市のホームページ「平成23年度住宅用太陽光発電システム設置事業補助金のご案内」によれば、5月27日に予算枠に達してしまった。

そこで追加の補正予算として、当初予算と同じ、約300件分、2625万円の案を議会に提出する、とのことだ。

引用記事によれば、同市は1997年に全国で2例目となる太陽光発電設置補助金制度の導入とのこと。もう14年も前から太陽光発電の普及に熱心だった市、ということになる。当時の設置費用はどれくらい高価なものだったのだろうか。

一方、上記の市ホームページによれば、昨年度の同市の補助金対象システムを調査したところ、平均出力3.61キロワット、平均設置費用は1キロワットあたり約54万円とのことだ。一般家庭の太陽光発電の出力は当初は3キロワットが多かったが今は4キロワットが主流だ。なので、昨年度平均が3.61キロワットは妥当な数字だ。また1キロワット当たりの設置費用が昨年度は54万円という数字を見て、この数年で急速に価格が下がっている感が証明されたように思う。

ちなみに同市の補助金額は、1キロワットあたり2万5千円、上限は5キロワット、即ち12万5千円だ。この数字はそれほど高くはないが、市町村レベルとしてはいまの平均金額だろう。


QLOOK ANALYTICS