富山市に太陽光発電設置が義務の住宅団地

太陽光発電設置が義務の住宅団地

2012年03月29日(木)

北日本新聞サイトの3月24日記事「富山・婦中にエコ団地 年内完成予定、太陽光発電を義務化」から一部を引用する。

富山市婦中町のミニゴルフ場跡地に、省エネ型住宅に入居を限定する約140戸の「エコ住宅団地」が造成されることになった。年内の完成予定で、太陽光発電システム設置などを義務付け、団地全体で温室効果ガス排出量削減を目指す。市によると、太陽光などの設置を規定した団地は市内で初めて。原発事故などで環境やエネルギー問題への関心が高まる中、市と開発事業者は、次世代の宅地造成のモデルを目指していく考えだ。23日開かれた市都市計画審議会で地区計画を決定した。

予定地は同市婦中町上轡田と下轡田にまたがる約4・3ヘクタールで、数年前までミニゴルフ場だった。魚津市本江の井川不動産(井川源治社長)が開発事業者となり、既に土地を取得。計画では入居の条件となる建築協定に、2キロワット以上の能力を持つ太陽光発電システムの設置を盛り込む。各戸の駐車場を芝生化するなど敷地内の25%を緑化する協定も設ける。
...(C)北日本新聞

太陽光発電の設置が義務付けられた住宅団地、それも雪の多い富山市、という少々珍しい話題だ。

省エネ設備を備えた住宅を建設する「エコ住宅団地」の予定地=富山市婦中町上轡田 (C)北日本新聞

この「エコ住宅団地」は同市のミニゴルフ場跡地に造成される140戸の住宅団地。左の画像のとおり、ゴルフ場の雰囲気が残っている土地だ。この広さは4.3ヘクタール。この新住宅団地の土地購入の前提となる建築協定に出力2キロワット以上の太陽光発電システム設置の義務があるということが大きな特徴だ。いまどき出力2キロワットとは小規模過ぎる。今の平均は4キロワット弱と思われるが、4キロワットとすると全戸140戸で合計出力は560キロワットとなる。これは、太陽光発電所でもない地域での太陽光発電としてはかなり大きな出力だ。

この建築協定には他にも「エコ条項」がある。敷地の25%以上を緑化しなければならない、とのことだ。駐車場の芝生化を想定しているようだが、それだけでは25%にはならないだろう。南に面した庭のほとんどを芝生化する必要があるかもしれない。

このように太陽光発電システムの設置が義務付けられた住宅団地は、今後、全国で展開されることが予想される。



QLOOK ANALYTICS