各戸に電力分配される太陽光発電設備のある首都圏最初のマンション

各戸に電力分配される太陽光発電のマンション

2010年05月01日(土)

マンションの太陽光発電設備は、このブログの2月7日記事「太陽光発電を備えたマンション」のように、その電力は共用部分の電力に使用されるのが通例だった。しかしこのブログの4月9日記事「マンションの太陽光発電」では、太陽光発電電力を各戸に分配するマンションが大牟田市に登場したことを話題にした。このマンションでは1戸当たりに割り振られる太陽光発電出力は、想定だが1.6キロワット程度だった。今日の話題は、このような太陽光発電電力が各戸に割り振られるマンションがついに首都圏に登場した、という内容だ。朝日新聞サイトの4月30日付の住宅新報社記事”各住戸に「太陽光電力」供給、大京のマンション「たまプラーザ」で導入”から一部を引用する。

大京は5月下旬から、各住戸への電力供給を可能にした太陽光発電システム搭載の分譲マンション「ライオンズたまプラーザ美しが丘 テラス」の販売を開始する。

集合住宅では共用部での利用が中心だった太陽光発電電力を、各住戸へ分配することが特徴。分譲マンションでは首都圏初となる。新エネルギー導入促進協議会から、「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金交付が認められた。

太陽光パネルは、マンションの屋上部分に約500平方メートルの広さで設置する。年間発電量は約7万804キロワット。発電した電力は、各住戸の床面積比率で按分する。発電電力と消費電力を比べ、余剰電力があった場合は1キロワット当たり24円で売電可能。同社の試算によると、標準的な家庭の電気料金の場合、年間約20%削減できる(11万5126円から9万3140円に削減)。
...
物件の所在地は、横浜市青葉区美しが丘4丁目、東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩12分、あざみ野駅徒歩14分。敷地面積3057平方メートル、地上7階建て・総戸数79戸。専有面積65~96平方メートル。竣工予定は2011年3月。 (C)住宅新報社

このマンションは横浜市青葉区。引用記事には例によって単位の誤りがある。「年間発電量は約7万804キロワット」ではなく「年間発電量は約7万804キロワット時」と、単位は"キロワット時"でなければならない。これを元にこの太陽光発電システムの出力を推定すると、約78キロワットとなる。

一方、太陽光発電パネルの設置面積は約500平方メートルとのこと。通常の太陽光発電パネルは1.5平方メートルの出力が0.2キロワット程度なので計算すると、500平方メートル÷1.5平方メートル×0.2キロワット ≒ 67キロワットとなる。2つの推定出力の間をとって、とりあえず出力は70キロワット程度と想定しておく。

このマンションは79戸。電力割り振りは床面積比率で割り振るルールのようなので一概にはいえないが、1戸当たりの太陽光発電主力は1キロワット弱、ということになる。これはかなり少ない。土地価格が高価な首都圏では広い設置面積は取れないので、やむをえないとしても少ない印象はぬぐえない。

なお引用記事では、売電は1キロワットあたり24円とあるが、これは通常価格の半値だ。これは、売電益の半値はマンション建築会社の大京が取得する、ということになると見なすしかない。う~~む、このマンションは太陽光発電という付加価値が付いているので通常より高価と思うが、割り振られる出力は1キロワット弱とかなり少なく、また売電益の半分を建築会社に取られるのでは、あまり太陽光発電のメリットが無いと思うのは私だけだろうか。


QLOOK ANALYTICS