宮崎県の太陽光発電設置補助金はLED照明器具設置が必要条件

宮崎県の太陽光発電設置補助金

2011年08月01日(月)

宮崎日日新聞サイトの7月27日記事「きょうから受け付け 県の住宅用太陽光発電補助」から。

(宮崎)県は27日から本年度の住宅用太陽光発電システム補助金の申請受け付けを始める。

補助事業は3年目。2010年度は予算を追加するほど好評だったため、予算額は同年度当初予算を約5千万円上回る約2億166万円(約2300件分)を計上した。県は新エネルギーへ関心が高まる中、太陽光発電の拠点づくりを目指す。

補助は県内の住宅が対象。国の補助金対象で、発光ダイオード(LED)照明器具を1カ所以上設置すること(光源交換だけは対象外)が条件。(C)宮崎日日新聞

宮崎県の太陽光発電設置補助金の受付が7月27日から始まった。予算額は約2億166万円(約2300件分)で、昨年度当初予算より約5千万円上回る金額というから、県の太陽光発電への熱意が伺える。

この補助金についての詳細は、県のホームページ中の平成23年度の住宅用太陽光発電システム補助金についてに書かれている。

この太陽光発電設置補助金の最大の特徴は、太陽光発電システムの設置だけではなくLED照明器具設置が補助金取得のための必要条件ということだ。注意事項として次のように書かれている。

LEDが一体となった照明器具を交換・新設する必要があります。またLED電球を活用する場合は、LED電球を含む一式の照明器具を交換・新設する必要があります。
(LED電球のみの交換は対象となりません。)なお、単にコンセントに差し込んで設置するなど簡単に取り外しができるものや、コンセントと一体化しているなど照明以外の機能を有するものは対象となりません。(C)宮崎県

これって実態にそぐわないのではないか。現在主流のLED照明は、通常のE26,E17口金の電球型LED照明だ。それだけの交換で十分なのに、照明器具そのものを交換しなければならない。これは使える資源を無駄にしていないだろうか。そして照明器具を交換しないと、太陽光発電設置補助金の対象にならないのだ。

補助金額にも特徴がある。補助金額は1キロワットあたり3万円、上限8万円だ。ただし次の上乗せがある。
・宮崎県内で生産された太陽電池モジュールを設置した場合、2万円の上乗せ。
・宮崎県産材を構造材の80%以上使用した新築木造住宅に対象システム等を設置した場合、2万円の上乗せ。
これらは独立しているため、各々がYESの場合は計4万円の上乗せになる。このとき、上限は計12万円になる。この金額なら、県の太陽光発電設置補助金としてはまあまあの数字だろう。

なお、「宮崎県内で生産された太陽電池モジュール」とは具体的にどのメーカーだろうか?このブログの4月19日記事「CIS太陽電池の世界最大級工場」によれば、宮崎県にはソーラーフロンティア社のCIS太陽電池の大規模工場があることから、この会社のCIS太陽電池モジュールのことと思われる。宮崎県は、官主導でソーラーフロンティア社を応援している、ということか。


QLOOK ANALYTICS