静岡県の太陽光発電設置補助金は5月末まで延長

静岡県の太陽光発電設置補助金

2012年02月09日(木)

静岡県の太陽光発電設置補助金の話題だ。静岡新聞サイトの2月8日記事「太陽光パネル補助、5月末まで延長へ 静岡県」から一部を引用する。

県は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を踏まえて創設した「住宅用太陽光発電設備導入支援事業」の補助金申請受付期限(3月15日)を、5月末まで延長する。2012年度当初予算案には、10億円以上の関連事業費を盛り込む方針。住宅用太陽光パネルの普及促進に向け「切れ目の無い設置支援」を継続する。

補助の延長は、併用可能な国の補助制度の申込期限が昨年12月から本年度末まで延長されたことに伴う措置。

国には4~12月に県内から前年同期比1・7倍の約9千件の申し込みが殺到。ただ、「施工業者の手が回らなくなっている」(県環境政策課)ため、申し込みから設置工事、国の交付決定まで約3カ月かかるケースも発生している。このため、県への申請件数は1月30日までで約3千件にとどまっている。

県への申請件数の増加は確実とみられ、県は期限延長を決定。12年度もパネル単価下落の動向を踏まえ、1件当たり最大約10万円、計約1万1千件の設置補助を想定した事業費を確保し、申請期限をさらに延長していく考えだ。

同課は「県への申請は国に出した書類を出すだけで済む。本年度内に国の交付が見込まれる人は決定通知書を受理後、早めに県にも申請してほしい」としている。...(C)静岡新聞

静岡県の太陽光発電設置補助金は今年3月15日が期限だったが、それを5月末までに延長することを決定し、2012年度当初予算に10億円を計上した、というニュースだ。

静岡県の太陽光発電設置補助金は、県のホームページの概要ページに詳しい。それによると、補助金額は1キロワット当たり3万円で、上限は4キロワット、つまり12万円だ。条件は、国の太陽光発電設置補助金が貰えること。手続き、上記引用記事にあるとおり、国の補助金の決定通知書を受理後に県に申請すればよい。

この1キロワットあたり3万円という補助金金額は、県のレベルとしては普通だろう。その補助金を年度変わりの切れ目無く支給するため予算を計上した理由は、日照が多く太陽光発電に適した同県が太陽光発電を積極的に推進する姿勢の表れだろう。

引用記事によれば、この補助金の人気は高く、昨年4~9月の申込件数はその前年同期比較で1.7倍にものぼる。このため施工業者の手が回らず施工が遅れている、という状況まで発生しているようだ。


QLOOK ANALYTICS