うきは市の太陽光発電設置補助金の補正予算額は200万円

うきは市の太陽光発電設置補助金

2010年06月03日(木)

福岡県うきは市の話題。毎日新聞サイト福岡版の6月3日記事「うきは市:補正予算案 3372万円増 /福岡」から。

うきは市は2日、6月定例議会(10日開会)に提案する約3372万円増額の10年度一般会計補正予算案など14議案を発表した。

補正予算の主な事業は、15%のプレミアム付き商品券発行事業費補助金2500万円▽不登校・引きこもり対策相談支援事業委託料218万円▽住宅用太陽光発電システム設置費補助金200万円--など。
...(C)毎日新聞

福岡県うきは市は2005年に発足したばかりの市なので馴染みは無い市かもしれない。実は筆者も知らなかった。うきは市は福岡県の南東部に位置し、大分県日田市と接している。総人口は3万3千人程度の小規模な市だ。

そのうきは市の太陽光発電システム設置補助金の予算額が200万円、という記事だ。市レベルの補助金は県レベルより高額なところが多いのにたったの200万円の予算、と思ったがこれは補正予算だった。補正予算の額は約3300万円とのことなので、その1割近くが太陽光発電設置補助金ということになる。

そこで、うきは市の太陽光設置補助金を調べてみた。補助金額は、1キロワット当り3万円で、上限は10万円だ。まあ、小規模な市としては頑張っている補助金額だろう。補正予算額が200万円ということは、約20軒分の補助金が上乗せされた、ということだ。

それでは補正予算前の本予算を調べてみた。一般会計予算の概要にあるが、住宅用太陽光発電システム設置補助金の今年度予算額は100万円だった。ということは、本予算では約10軒分の補助金しか用意されていなかったことになる。今回の補正予算と併せて、予算総額は300万円、約30軒分の補助金となる。予算総額はやはり少ないが、小規模な市での予算の使い道はどうあるべきか、考えさせられる。


QLOOK ANALYTICS