有機太陽電池の外壁材が2013年に発売される

有機太陽電池の外壁材

2012年01月19日(木)

前回の当ブログの記事「紫キャベツ色素の色素増感型太陽電池」はまだ現時点では珍しい色素増感型太陽電池の話題だった。今日も珍しい太陽電池の一つの有機太陽電池についての話題だ。少々前だが1月2日の読売新聞サイトの1月2日記事「外壁使い太陽光発電 パネル不要、低コスト 三菱ケミカル」から。

三菱ケミカルホールディングスは、太陽光で発電する新型の外壁材を2013年中に発売する。屋根などに設置場所が限られるパネル型と異なり、日当たりがよいマンションなどの壁面として使える。再生可能エネルギーの普及に弾みがつきそうだ。

超高層ビルの壁に使えば、1、2棟程度でも大型の太陽光発電所(メガソーラー)並みの発電能力を得られるという。

新たに開発したのは、現在使われているシリコン半導体の代わりに、石油などから作る有機物の半導体を使う有機太陽電池で、現在のパネル型太陽電池より薄くて軽い。光のエネルギーを電力に変換する効率も約11%で、実用化できる水準に達している。発電能力は1平方メートルあたり80ワット程度で、現在使われている一般的なパネル型(変換効率14~15%)の6~7割程度の発電ができる。

有機太陽電池は重いガラスの基板を使う現在の太陽電池より製造も容易で、生産コストはパネル型の10分の1程度に抑えることもできるという。高層ビルやマンションなどのほか、倉庫や駐車場など、大きなパネル型が置けない小さな屋根としても利用できるほか、地震などの揺れにも強い。将来は電気自動車(EV)のボディーやカーテンなどにも使う計画だ。
...(C)読売新聞

ビルの壁に貼り付けて太陽光発電を行う外壁材が来年2013年に発売される。外壁材として使用するには軽くて薄い太陽電池でなければならない。その目的に適している太陽電池の一つが、有機太陽電池だ。

広義の有機太陽電池には前回話題の色素増感太陽電池も含まれるが、今日話題のものは有機薄膜太陽電池と言われるものだ。この太陽電池については、今回の製造元となる三菱ケミカルホールディングスのサイト有機太陽電池に詳しい。それによると、今回の有機太陽電池は、フィルム基板の上に有機半導体を塗料のように塗布するため、従来タイプの太陽電池に比べ重さは1/10以下と非常に軽く、簡単に曲げられる、という大きな特徴がある。

通常の太陽光パネルはガラス基板を使用するため重い。しかし今日話題の有機太陽電池はフィルム基板で非常に軽いので、通常の太陽電池は重すぎて載せられない屋根にも搭載できるという大きな利点がある。また有機半導体を塗布するだけなので、印刷技術を応用して製造コストを大幅に下げることができる。

また変換効率は11%と、このタイプとしてはかなり高い数値だ。多結晶シリコン型太陽電池の変換効率は20%弱なので、かなり良い線を行っていることになる。

そのような有機太陽電池の外壁材を来年発売する、ということだ。そのイメージ図を見れば、あらゆる壁にこの外壁材を貼り付けて壁面で太陽光発電する概念が理解できる。引用記事によれば、超高層ビルの外壁材にこれを使用すれば、1・2棟でメガソーラー並みの発電量となるというから、その能力の高さには驚かされる。


QLOOK ANALYTICS