太陽光パネル+蓄電池の安価な電源装置は4万9800円

太陽光パネル+蓄電池の安価な電源装置

2011年07月01日(金)

前回記事に引き続き太陽光パネルの付いた電源装置の話題。朝日新聞サイトの6月24日付けの石川版記事”「金沢発」蓄電装置に注文殺到”から一部を引用する。

◆ベンチャー開発 ソーラーつき小型で低価格◆

暑い夏に向けた節電対策が全国で急務となる中、金沢市のベンチャー企業「リプラス」が開発した小型の蓄電装置が人気を呼んでいる。太陽光発電パネルつきで4万9800円と、エコで低価格なのが受け、注文が殺到。販売数は昨秋の発売当初の約20倍、月500台規模に達している。

商品名は「リプソーラーミニ」。縦横30センチ前後、重さは7キロで、女性でも持ち運びできる。付属の太陽光パネルを使えば晴天なら2日で充電が完了。家庭のコンセントからだと約10時間で充電できる。エアコンなど消費電力の大きな家電には使えないが、ノートパソコンで8時間、液晶テレビ(19型)で2時間、付属のLEDライトは約20時間使える。
...
震災を機に大手メーカーも家庭用蓄電池の開発を加速させているが、消費電力の大きな家電にも対応できるよう、大容量だが高価なリチウムイオン蓄電池を使った数十万円の製品が主流だ。リプソーラーミニは、低容量だが安価な鉛蓄電池を使って価格を抑えた。
...(C)朝日新聞

この製品の外観は画像のとおりだ。太陽光パネル、蓄電装置とも大変小さく、持ち運びも簡単。これは金沢市のベンチャー企業の開発した製品で、急速に売り上げを伸ばしている、とのことだ。

この装置は、縦横が30センチ前後で重さや約7キロと、小さい。ということは蓄電池の能力も小さく、液晶テレビ(19型)で約2時間しか使えない。また充電時間は、家庭用コンセントからは約10時間、太陽光パネルの場合は晴天時に2日、とのことだ。

この製品のさらに詳しい情報は、メーカーサイトのとおりだ。それによれば、100V出力のためには別途インバーターが必要、とのこと。そして園インバーターの価格は書かれていないが、よくこのページを見ると、7月末までに注文すればインバーターがプレゼントされる、とのことだ。かなり価格が安いインバーターと思われるので、車載用のインバーターだろう。

価格は4万9800円と、太陽光パネルの付いた電源装置としては破格の安さだ。ということは、もちろん蓄電池は、鉛蓄電池だ。確かに安いのだが、出力は小さい。目的を考えて合致すれば、かなりお買い得製品、とは言えよう。


QLOOK ANALYTICS