赤城西麓土地改良区の事務所に太陽光発電設備が設置された

土地改良区の事務所の太陽光発電

2011年05月13日(金)

今日は群馬県渋川市の話題。上毛新聞サイトの5月10日記事「太陽光発電で電力半分に・渋川」から一部を引用する。

赤城西麓土地改良区(加藤秀光理事長)は、渋川市赤城町の事務所に太陽光発電設備を設置した。年間約2万1000キロワットの発電を見込んでおり、同事務所で使用する電力の半分程度をまかなう。
...
同事務所の屋根に太陽電池モジュール114枚を設置。発電量や過去の記録・データなどは監視室内のパソコンモニターで確認、表示できる。(C)上毛新聞

上毛新聞のドメイン名は面白い。raijin.com だ。raijinつまり「雷神」。雷の名所、群馬県ならではのユニークなドメイン名だ。

さてその記事は、赤城西麓土地改良区の事務所に太陽光発電設備が設置された、という話題だ。「赤城西麓土地改良区」って地域名か、と最初に思ったが、そうではなかった。これは法人名だった。

Wikipediaの土地改良区によれば、次のとおりだ。

土地改良区(とちかいりょうく)は、土地改良法(昭和24年6月6日法律第195号)に基づく土地改良事業を施行することを目的として同法に基づいて設立された法人である。

土地改良区は、「水土里ネット」(みどりネット)という愛称で呼ばれている。
...
都道府県知事の認可を受けて設立された土地改良区は、法人とし(土地改良法第13条)、土地改良区でないものはその名称を使用することができない(土地改良法第14条)。

ということで、「赤城西麓土地改良区」は赤城西麓の土地改良事業を施行することを目的とする法人だ。この設備の全体像のとおり、この事務所はかなり大きい。土地改良事業にこれほど大きな事務所が必要とは、われわれ一般人には理解できない。

一般論だが、この土地改良区が認可されると、国や県から結構な金額の補助金が出るようだ。(ということは、利権をめぐって政治家が暗躍???)

それはともかく、この赤城西麓土地改良区の事務所に太陽光発電設備が設置された。詳しくは、同ホームページの赤城西麓土地改良区太陽電池発電所に書かれている。

この太陽光発電の出力は20kW。一般家庭の約5軒分だ。太陽光パネルはシリコン多結晶タイプ。ということは出力は少し落ち、太陽光発電パネル1枚あたり0.18キロワットだ。それを114枚設置し、出力20キロワットを得ている。

パワーコンディショナーは10kWを2台とのこと。太陽光パネルを2つのゾーンに分けている、ということだろう。そして年間発電量は、出力20キロワットから予想できるとおり、2万キロワット時だ。この出力で、同事務所の使用電力の約半分を賄える、とのことだ。


QLOOK ANALYTICS