井戸ポンプ用の太陽光発電システムを千葉市東金市の会社が開発

井戸ポンプ用の太陽光発電システム

2012年01月24日(火)

千葉日報サイトの1月23日記事「停電備え太陽光新システム 夜も井戸水ポンプ稼働可能に 東金の会社が開発」から。

地震など停電時に備えて、東金市東上宿の電気工事・リフォーム会社「エコ・ライフジャパン」(...)は、バッテリーに充電できるハイパワーの太陽光発電システム「太陽光エコライフシステムスカイバンク」を開発し、販売を開始した。
...
従来の太陽光発電システムでは電力が足りずポンプがうまく動かなかったが、新システムは1500ワットが基本(200ワットから最大2千ワットまで)とパワフルで問題なく動かせる。

通常の太陽光発電では余剰電力は電力会社に売電する選択肢しかないが、新システムでは余剰電力をバッテリーに充電することが可能。

価格は130万円から。...(C)千葉日報

防災のために井戸を掘る家庭も多くは無いが存在する。自治体によっては防災井戸の設置を推奨しているところもある。ところがその防災井戸には大きな弱点がある。それは、停電するとポンプが止まるため水を汲み上げることができなくなるのだ。3.11を例にひくまでもなく、大きな災害ほど停電を伴うことが多い。その問題点の解の一つが、太陽光発電とバッテリーへの充電だ。

千葉市東金市のある会社が開発した製品は、太陽光発電の出力が最大2000ワットで、標準が1500ワットとのことなので、電動ポンプのような大電流が必要な機器も問題なく動かすことができる。また日中の太陽光発電時の余剰電力は、バッテリーに充電して夜間に使用することができる設計のようだ。

ただ価格は高い。130万円から、とのことだ。井戸のポンプに特化したこの太陽光発電システムはユニークで有用と思うので、もう少し価格を下げて勝負してもらいたい。


QLOOK ANALYTICS