徳島市の太陽光発電設置補助金は条件付で1件10万円

徳島市の太陽光発電設置補助金

2010年04月01日(木)

毎日新聞サイト徳島版の4月1日記事「徳島市:太陽光発電と省エネ機器、同時設置10万円補助 /徳島」から。

住宅の省エネ化を進めようと徳島市は、太陽光発電と省エネ機器を同時に設置した市民に10万円の補助金を出すことにし、4月1日から申請の受け付けを始める。市は「昨年1月から始まった国の補助制度と併用すれば負担が減り、太陽光発電の普及につながる」と話している。

対象は、住宅用太陽光発電(太陽電池出力2キロワット以上10キロワット未満)と省エネ機器(LED照明器具、自然冷媒ヒートポンプ給湯器などから1種以上)を同時に設置するケース。11年1月末まで受け付けるが、交付予定件数が180件を超えた時点で終了する。

市内に居住していることや、設置後に市が実施するアンケート調査に協力できることなどが要件。...(C)毎日新聞

徳島市の2010年度の太陽光発電設置補助金は、太陽光発電設備と省エネ機器を同時に設置することが要件だ。補助額が1件10万円。受付は今日から来年1月末だが、180件に達した時点で終了とのことだ。ということは、予算額は1800万円だ。

徳島市の住宅エコ対策支援事業補助金によると、太陽光発電と同時に設置して補助の対象になる機器は次のいずれかだ。
(1)LED照明器具
(2)自然冷媒ヒートポンプ給湯器
(3)潜熱回収型給湯器
(4)ガスエンジン給湯器

この中では、LED照明器具が一番安いだろう。ただ条件が書いてあり、光源(つまり電球)としての購入では不可で、照明器具として住宅に設置するものが対象だ。とはいえ、数万円で充分だろう。やはりこれが一番安く済むだろう。

南国の徳島は日照時間が多いので太陽光発電には適した地域だ。その徳島市の太陽光発電設置補助金が条件付で10万円とは、少々少ないように思う。


QLOOK ANALYTICS