太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

鳥取県の補助金

2009年11月02日(月)

今日は鳥取の話題。経済産業省の中国経済産業局のサイト中ページによると、鳥取県の住宅用太陽光発電設置に関する助成制度の概要がわかる。

最初に目を引くのは、県の補助。県は個人へ直接は補助金を出さないが、補助金を支給する市町村についてその補助金のうちの最大10万円/Kwを県が補助する、という内容だ。この制度を利用しているのだろう、鳥取県の市町村の補助金額は通常より多い感がある。

鳥取市の補助の特徴は2つ。太陽光発電システムへな7万円/Kwと高額なことと、太陽光発電以外の発電設備に対し設置価格の1/10の補助がある、ということだ。特に後者については、他の自治体では事例は少ない。

境港市はなんと補助金額が15万円/Kw。これは実に高額だ。これと国の補助7万円/Kwを併せるとかなりの補助金となる。

他の高額補助金の市町村は、八頭町が9万円/Kw、倉吉市が7万5千円/Kw、大山町が7万円/Kwなどだ。

逆に、湯梨浜町の2万円/Kw、上限4万円のように、補助金額が極めて低いところもある。これは、最初に書いた県の補助制度を利用していないからだろう。せっかくの制度を使わない市町村は、怠慢と看做されてもやむをえないだろう。


QLOOK ANALYTICS