水俣市の波力発電は出力1kW弱

水俣市の波力発電

2011年06月01日(水)

水俣市の話題。朝日新聞サイトの5月28日記事「波力発電の実験開始」から。

八代海の波力による発電の実証実験が27日、水俣市の丸島新港で始まった。波の上下の動きを回転に変えて発電機を動かす仕組みで、起こせる電気は450ワットのランプ2個分余り。再生可能エネルギーの普及や複数の電源を効率的に利用する「スマートグリッド」の構築を目指す市の取り組みの一環だ。

仕組みは、防波堤からワイヤで海側につるした円筒形(直径1メートル、高さ2メートル、重さ1・4トン)の浮きが、波を受けて上下することで発電。実験では、太陽光発電装置(3・36キロワット)や燃料電池(0・75キロワット)と組み合わせて電源にし、プレハブ小屋の中でランプをともす。余った電気は電池に蓄える。発電状況はホームページ(http://61.214.231.171/)で約1カ月間、自由に閲覧できる。事業費は3700万円で、総務省の補助を受けた。 (C)朝日新聞

このブログは太陽光発電がメインだが他の自然エネルギーによる発電についても時々書いている。今日話題の波力発電についても、「大分県の水ノ子島灯台」と「ジャイロで効率アップした波力発電」の2記事を書いている。

Wikipediaの波力発電によれば、2つのタイプがある。

・振動水柱形空気タービン方式
没水部の一部が開放された空気室を水中に設置し、ここから入射した波で空気室内の水面が上下し、上部の空気口に設置した空気タービンが往復空気流で回転する。空気タービンには、往復空気流中で同一方向に回転するウェルズタービンが使用される。

・ジャイロ方式
波の上下動をジャイロにより回転運動に変換する。従来のタービン方式と比較して2倍以上の効率が期待できる。

引用新聞記事の情報からでは、どちらのタイプかは不明である。ただ、ジャイロ方式の方が2倍以上効率が良いとのことであり、最近の設置であるから、おそらくこちらの方式かと思う。

この波力発電装置は、直径1メートル、高さ2メートル、重さ1.4トンというから、海中に設置する装置としては小さい。外観図のとおりだ。

この波力発電の状況については、引用記事中のとおりホームページ(http://61.214.231.171/)で閲覧できる。URLがドメイン名ではく生のIPアドレスということが非常に珍しい。調べたところ、これはOCNのIPアドレスだった。OCNの専用線回線を利用したサイトと思うが、予算不足でドメイン名が取得できなかったのだろうか?.comドメインなら安いところでは1年間800円弱で取得できるのだが。

このサイトを見ると、1枚の画像もどきがトップ画面だ。右クリックすると、このサイトはSilverlightで動くサイトだ。ちょっと珍しい。

このサイトにより、この波力発電は単独の発電システムではなく、「水俣版スマートグリッド」の構成要素の一つであることがわかる。波力発電のほかには、エネファームによる発電、電力会社からの受電、蓄電池による蓄電・放電、そしてもちろん太陽光発電があり、これらすべてでスマートグリッドを構成しているようだ。

この波力発電の規模は極めて小さい。引用記事によれば、出力は450ワットの電灯2つを点灯させるていど、とのことなので、1キロワット弱ということだ。

地方自治体が主体となって波力発電という珍しい発電方式をも含むスマートグリッド実験、という大変珍しい事例と言える。


QLOOK ANALYTICS