太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

山形県の太陽光発電設置補助金は省エネ機器が必要

2010年03月01日(月)

2010年度の山形県予算に関する話題だ。毎日新聞サイト山形版の3月1日記事「県新年度:予算案から エコ住宅に助成 /山形」から一部を引用する。

家庭の二酸化炭素(CO2)排出量を減らそうと、省エネ機器などを設置した住宅への補助を始める。県産木材を使うことが条件。約4200万円を計上した。県の石川耕三郎環境企画課長は「県産木材を使えば運送のエネルギーも減らせる。環境に優しい住宅への関心を高めてほしい」と話している。

県産木材を使った上で、高効率給湯器やペレットストーブ、LED照明などの省エネ機器を設置する新築・改築住宅が太陽光発電装置も設置する場合、設置費として1キロワットあたり2万円を助成する。最大4キロワット、8万円が上限の予定で3200万円を見積もった。太陽光発電装置の設置費は、1キロワットあたり約65万円で、一般家庭では通常、3~4キロワットが必要という。

また、県産木材を使い、省エネ機器を設置した上で、高い断熱性・気密性が求められる次世代省エネ基準を満たした住宅を建設する場合は、1軒あたり50万円を助成する。20軒分計1000万円を計上した。公募して審査した上で、助成先を決めるという。
...(C)毎日新聞

現在は山形県の太陽光発電設置補助金は無く、2010年度から開始する事業だ。山形県の太陽光発電設置補助金は、単に太陽光発電システムを設置すればよいだけでは駄目で、次の条件が付く。
(1)県産木材を使用
(2)高効率給湯器やペレットストーブ、LED照明などの省エネ機器を設置
この条件を満たす新築・改築住宅が補助の対象だ。その太陽光発電設置補助金の金額は、1キロワット当たり2万円で、最大4キロワット、つまり8万円が上限だ。この金額は、県レベルとしては若干低い程度か。

予算総額は3200万円、ということは、上限が8万円なので、400件の補助を見込んでいるのだろう。

この太陽光発電設置補助金とは別に、住宅新築時の補助金がある。条件は次のとおりだ。
(1)県産木材を使用
(2)省エネ機器を設置
(3)高い断熱性・気密性が求められる次世代省エネ基準を満たした住宅
つまり、太陽光発電システム設置の補助金の条件にプラスして次世代省エネ基準を満たした住宅を新築すれば別の補助金が貰える。その金額は1軒50万円。予算は20件分の1000万円、とのことだ。この補助金まで取得できれば、太陽光発電システムはかなり安く設置できることになる。省エネ住宅が増えるこの政策は評価できる。


QLOOK ANALYTICS